民泊運営を成功させるための参考にホテルのサイトというものがある

赤いソファ

民泊をするに当たって知っておきたい問題と種類

民泊は日本においてはまだ生まれたばっかりのスタイルであって、法律においてもまだ改善しなくてはならない点もある状態です。今現在どんな問題があるのかを知っておけば、後で間違いをおかすことがないよう、リスク回避をすることができます。民泊運営の問題点においてはまず「個人宅を貸す」というビジネスモデルであり、まだ法整備をされていない時には従来の旅館業法で規制するとほとんど要件が満たされない為に、無許可の違法民泊が増加しました。
そしてホテルや旅館などの団体からも抗議がでるなども問題になりました。今は法整備がされるようにこのルールに従っていなければ処分される形になります。新しい法律として民泊新法と呼ばれるようになりました。民泊においては3種類あると言われています。1つ目は旅館業法で定める簡易宿所と言う民泊運営です。民泊新法が制定される前に定義された民泊を指します。
2つ目は民泊新法で定める住居として貸し出す民泊運営です。これが新法で定めている民泊と言われ、2017年以降の民泊を指します。3つ目は民泊条例で定めた国家戦略特区の民泊とされています。今後東京においては海外からの観光客がオリンピックに向けて増えるとの予想がされており、今後特区として民泊を活性させる地域も現れると予測されています。

おすすめの記事

TOP