民泊運営を成功させるための参考にホテルのサイトというものがある

赤いソファ

民泊のスタイル家主居住型民泊

民泊を運営するに当たって、民泊のスタイルは大まかに2つに分類されます。1つは家主居住型民泊と呼ばれ、運営者である家主が宿泊者と一緒に宿泊施設に泊まるタイプと言われています。海外で言うとホームステイ型とイメージが付きやすいと思います。住居提供者が住宅内で居住しながら、当該住宅の一部を利用者に貸し出す定義をしています。海外からの観光客はほとんど、この家主居住型民泊を好まれて宿泊しに来ます。
理由としてはただ滞在するだけでなく、現地に住んでいる人との分かち合い、文化交流をも楽しみにしているからです。観光地を見るだけでなく、経験を重んじる観光客の考えが反映されています。この民泊の要件としてはまず個人の生活の本拠があることが言われ、原則、住民票がある住宅とされています。そして年間提供日数が一定の要件を満たしていること、更に提供日に住宅提供者が泊まっている事が条件となっています。
法律としては住民票がある言えであっても、宿泊者が泊まる日に家主が泊まっている必要があります。必ず管理者が必要と言うわけです。例えば、休暇で旅行に行く間だけ貸し出しをすることはできません。その場合は家主不在型となります。家主居住型民泊を理解した上で、ホームステイとして運営したい方はルールを守る必要があります。

おすすめの記事

TOP