民泊運営を成功させるための参考にホテルのサイトというものがある

赤いソファ

農家民泊とは

「農家民泊」という言葉を聞いたことがおありでしょうか。ここでは気になる農家民泊について、「農家民宿」との違いなどを簡単にご説明します。
ここ数年国内外を問わず、日本の農村部に旅行して現地の生活を体験するツアーが流行ってきています。ただ観光をするのではなく運営者や現地の人と触れ合い、田舎での生活そのものを体験するのが目的です。例えば、田植えや稲刈りなどの農作業を手伝わせてもらうことができるかもしれません。
「農家民宿」とはいわゆる民宿で、旅館業法に基づいて開業の許可をとっている宿舎です。反復継続して営業目的で宿を提供する施設は、大小規模は異なっても、全て民宿となります。では、それに対して「農家民泊」とは何でしょうか。農家民泊では、食事や他のサービスに当たる料金は徴収しますが、宿泊料は取りません。つまり、かなりの部分が運営者のボランティアで行なわれているということです。都会の人や海外からの訪問者に、田舎暮らしを体験してもらいたいという気持ちから、農家民泊が行なわれます。
ただ、最近では「民泊」の知名度が上がったからか、民宿でも民泊と名乗っている運営している所があるようです。宿泊の際には、料金などよく確認してから予約するようにしましょう。

おすすめの記事

TOP